読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成日本紀行

日本一周の旅の記録を、各地ごとにまとめ記載しています、

29、安芸の宮島・厳島神社の大鳥居の謎・秘密(2)

世界遺産・安芸の宮島



 29、安芸の宮島厳島神社の大鳥居の謎・秘密(2) 






https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0b/ItsukushimaTorii7396.jpg




https://www.jalan.net/theme/isan/images/isan_phIS012.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村

旅の記録;「日本一周」へリンクします

鳥居とは何のため、どんな意味があるのか

厳島神社は、もともと宮島(厳島)そのものをご神体と考え、古代から航海の守り神とされてきました。
厳島の語源が、神に斎く(いつく = 仕える)島といわれて、島そのものが信仰の対象なのです。

一般に鳥居は、神が住む領域と人間の住む領域を別けるための門であり結界なので、宮島(厳島)からは少し離れた今の場所に立てられたのです。
潮の満ち引きで、海になったり砂地になったりする絶妙な場所ですね。

この大鳥居をはじめとする荘厳な建物を再建したのは平清盛。 清盛が再建するまでは小規模な神社でしたが、清盛の改修後は貴族や天皇一族も参拝し、平家一門とともに大いに繁栄したといいます。



大鳥居をくぐる海の道が参道

厳島神社には、海上に大鳥居があります。 厳島神社や宮島をイメージした時に、まず、頭に思い浮かぶのが、この「大鳥居」です。 まさに、ここ厳島神社だけではなく、宮島の「象徴=シンボル」とも言えます。
この大鳥居の謎というか秘密をチョット明かしましょう。

厳島神社の大鳥居は、本社から108m離れた海中に立っています。
そして大鳥居の延長線に本殿正面があります。

これは宮島の参道が海にのびているということが主体となっていて、厳島神社へのお参りは本来、舟に乗り鳥居をくぐって行くのが正式な参拝スタイルです。
その船の参拝の仕方、方法も、左に2回旋廻してから進むのが決まりだとかいわれています。
平清盛は、粋な演出を考えたものですね。



大鳥居のサイズ、

先ず、厳島神社の大鳥居のサイズ(大きさ)は、高さ約16.6m、棟(大棟・笠木)の長さ24.2m、主柱周り9.9m、総重量は約60t、厳島神社の大鳥居に使用されている木材はクスノキであります。 

厳島神社の大鳥居に使用されているクスノキの産地としては、社殿から向かって右側(東側)の柱が福岡県久留米市そして、社殿から向かって左側(西側)の柱が佐賀県佐賀市となっているそうです。


次回、 厳島神社の大鳥居の謎・秘密(3)」

  
「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
NatenaBlog(ハテナ・ブログ)    GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」