平成日本紀行

日本一周の旅の記録を、各地ごとにまとめ記載しています、

23、世界遺産;厳島神社  「厳島神社と中国の観音信仰」


  23、世界遺産厳島神社  「厳島神社と中国の観音信仰」  




https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/16/20090606_Putuoshan_8818.jpg


http://orimasa2005.web.fc2.com/miya53.jpg



http://orimasa2005.web.fc2.com/miya54.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村

旅の記録;「日本一周」へリンクします

普陀山観音菩薩)は、中国の浙江省北東部,舟山島の港から入ると、すぐに山門があります。
すでに熱心な信徒の団体を多く見かけられ、それも普陀山全体は驚くほどきれいです。 

中国はどこの都市でもゴミで汚れていますが、さすがに普陀山では少なく訪れる人は信徒が多く、観音の霊場を汚すことに気をつかっているためだとされています。

普陀山には奇岩が数多くありますが、特に有名なものがこの「磐陀石」です。 観音菩薩が説法する場とも言われてますが、微妙なバランスで岩が載っていて、手で押したら崩れそうなほどです。
むろん危険なので、人はこの岩の上には乗ってはいけないことになっています。


この岩は「心字石」ともいい、巨大な「心」の字が書かれた岩です。 縦5メートル X 横7メートルの心という字は、どのような由来で、誰が書いたのかはよく分かっていません。

普陀山の中心的な寺院となるのが普済寺です。 続に「前寺」とも呼ばれ、観音信仰の中心地です。 前身は、そもそもここが観音菩薩の聖地となった由来のある不肯去観音院(「行かず観音」と言う意味)であり、明や清の時代に何度も増築されたが、むろん文革(中国n毛沢東に夜文化大革命)による破壊を経て、1980年代に改装が行われたそうです。


観音菩薩を祭る本堂は円通宝殿と呼ばれ、この本堂の前に天王殿があり、その前は門と大きな池があります。
門の外は線香や紙銭や法具を売るお店でひしめいていて、ここから島の北に向かい、ロープウェイで仏頂山に登ることになります。

仏頂山の上には慧済寺があります。
ここでも熱心な信徒の姿を多く見受けられ、山頂までは千余段の階段があるのですが、それを「三歩一拝」と言う形で、次第に上りながら仏の領域に入ってゆくのです。
口に観音の称号を唱えながら、たいへん熱心な様子で信徒達が1人や2人ではなく、大勢が上ってゆきます。


次回、厳島神社普陀山の補陀落」

  
「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
NatenaBlog(ハテナ・ブログ)    GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ    seesaaブログ   FC2 H・P   gooブログ   忍者ブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」